人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ガソリンタンク補修

117クーペ購入時から気になっていた車内のガソリン臭が最近特にきつくなり、
今月に入ってからようやくガソリン漏れ部の補修を行いました。
ガソリンタンク上部のエアー抜きパイプ部付け根の亀裂補修です。
場所はトランクを開けて右端のエバポ・パイプ・プロテクター(薄い鉄板)を外すと出てきます。
ガソリンタンク補修_f0084867_2359732.jpg

117クーペはリヤシートを手前に倒すとトランクスルーになる構造なので、
トランクに溜まった臭いはもろ車内に及びます。

補修方法ですが、いつもPAnetでお世話になっている、
keiji117さんの旧ブログで紹介されていたクイックスチール(エポキシパテ剤)を使ってみました。
簡単に言いますと、鉄分を含んだパテでただ亀裂を塞ぐだけのお手軽補修法です。
クイックスチールの詳しい使い方はこちらを参照してください。

その日の作業は事情によりうちできなかったので、ある公園の駐車場でしました。(笑)
クイックスチールの取り扱いはいたって簡単。粘土細工みたいなもので工具も要りません。
説明書には、乾きが速く約5分程で硬化し始め15分後には鉄と同じ硬度になります・・・
と書かれてあって、作業後20分くらいしてから実走行して漏れを確認しましが、
硬化が遅かったのか、まだ微妙に漏れが出てしまいました。(泣)
パテを取り除いて再度パテ盛りしようかと思いましたがこれ、
ちょっとやそっとじゃ取れません。はっきり言って後の祭り状態です・・・。
結局、微妙に漏れる状態で完璧に固まってしまった。(大泣)
ガソリンタンク補修_f0084867_23591845.jpg

しょうがないので数日後、ダメ元でうちにあったおフロ場用の水漏れ補修材(笑)で、
既にタンクの一部と化したクイックスチールとタンクとの隙間にタップリ塗り付けました。
あとパイプとホースとの隙間からの漏れもあったので、ホースバンドをSUS製の強力な奴に変更。
ガソリンタンク補修_f0084867_23592631.jpg

正直言って期待はしていませんでしたが、そのまた次の日に実走行して漏れを確認しました所、
なんとか漏れは収まりました。でもこれでいつまでもつことやら・・・。
しばらくはこれで様子を見る事にします。

今回の教訓。
どんな作業であろうともうちでじっくり時間をかけて行う事。
あと、取説はあまり信用しない事?(笑)
by sugimecha | 2006-04-25 00:21 | 117クーペ | Comments(0)


<< マイクーペ3 コスモスポーツ >>